マンションを貸したいので不動産会社に相談をしました

マンションを貸したいと考えて不動産会社に相談しました

転勤でもマンション手放したくない家賃収入が得られることは大きな強み住宅ローンを早期に支払い終えたいマンションを貸したいと考えて不動産会社に相談しました

20年前に買ったマンションですが、勤務先から転勤命令が出て遠方に行くことになりました。家族も全員、新しい勤務地にまでついてくる予定です。住んでいたマンションの取り扱いをどうするか考えたのです。売ってしまえば一時的には売却での収入がありますが、賃貸契約を結べば毎月の家賃収入が得られます。副収入が継続的に入ってくるのは大きな魅力に思えました。住宅ローンは完済していますし、貸す形にすれば、かかってくる費用は固定資産税と、管理費、修繕積立金だけです。妻とも相談して貸すことに決めました。信頼できる不動産会社に仲介をお願いしたのです。そのとき、不動産会社の担当者から、賃貸に伴なうリスクについて説明がありました。賃貸にはメリットだけでなくデメリットも伴なっているとの話でした。家賃収入に惹かれて安易に貸したいと発想していたので、まずはリスクの中身に耳を傾けました。入居者が見つからない、貸し出すときは内装を整備する費用がかかる、入居者からのクレームが出るなどといったものでした。それらは了解していた内容ですので、正式に賃貸募集の申し込みをしました。世の中、メリットだけではなくデメリットも伴なうのは当然のことと言えます。それを承知して賃貸を選択しました。おかげで一か月もしないうちに賃貸契約が成立いたしました。